長崎短期大学学術機関リポジトリ運用指針

 

(目的)

第1条 この指針は、長崎短期大学学術機関リポジトリ(以下「リポジトリ」という。)規程に基づき、長崎短期大学(以下「本学」という。)において運用するリポジトリの運用指針を定めることを目的とする。

 

(管理と運用)

第2条 リポジトリの管理と運用は、長崎短期大学大学改革委員会(以下「委員会」という。)承認の下、長崎短期大学図書館(以下「図書館」という。)が行う。

 

登録者

第3条 リポジトリに登録できる者(以下「登録者」という。)は、次の者とする。

(1) 本学に在籍する、または在籍したことのある教職員

(2) その他、委員会が特に認めた者

 

(登録対象)

第4条 リポジトリへ登録する研究成果物は、登録者が関与したものであり、委員会が承認し、次の各号に掲げるもので、第2項以降の要件を満たす物とする。

(1) 学術論文(長崎短期大学研究紀要、学術雑誌掲載論文等)

(2) 報告資料(科学研究費補助金研究成果報告書、学術研究報告会レジェメ、プレゼン

テーション資料、その他報告書等)

(3) 教育資料(講義資料、講演記録、教材等)

(4) 本学の刊行物等

(5) その他、委員会が適当と認めたもの

2 原則として、内外の学術機関等により公表されたものであること。

3 電子的フォーマットで作成されていること。

4 法令上・社会通念上又は情報セキュリティ上の問題が生じないものであること。

5 ネットワークを通じて配信できること。

6 公開することについて問題が生じないこと。

 

 (登録手続き)

第5条 登録者は、リポジトリの登録システムを通じて、自ら作成した研究成果物若しくは作成に関わった研究成果物を登録することができる。また、登録にあたっては所定の手続きにより図書館に登録作業を依頼することができるものとする。

 

(著作権と利用許諾)

第6条 リポジトリに登録するにあたり、登録者は著作権者(登録者、共著者等を含む)から、第7条に掲げる登録及び公開についての許諾を得ておかなければならない。

 

研究成果物の登録及び公開

第7条 研究成果物は著作権及び公開に関わる支障がないことを確認した上で、以下の方法によって登録し、公開するものとする。

(1) 研究成果物を複製し、リポジトリを構築しているサーバに格納する。

(2) ネットワークを通じて不特定多数に無料で公開(配信)する。

(3) 利用と保存のため、必要な複製や媒体変換を行う。

 

削除または非公開

第8条 リポジトリに登録された研究成果物が次の各号のいずれかに該当する場合は委員会の議を経て、研究成果物の一部又は全部削除若しくは非公開化とする。

(1) 登録者から削除又は非公開化の申請があった場合

(2) 盗用又は剽窃が明らかとなり著作権を侵害していていることが明白になった場合

(3) 公序良俗に反し、内容が著しく不適切であると認められる場合

(4) その他委員会が特に認めた場合

 

 (免責事項)

第9条 登録された研究成果物の内容に関する責任は当該登録者が負うものとする。

2 登録された研究成果物を利用することによって生じた利用者、登録者又は著作権者の損害については、本学、図書館及び委員会は一切責任を負わないものとする。

 

 (改定)

第10条 この規程の改定は、委員会及び運営会議の議を経て学長が行う。

 

 

附 則

この規程は、平成30年3月1日から施行する。